病院は何科を受診すればよい?







足の痛みの原因は様々です。



まずは整形外科へ!

通風、変形性関節症、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、肉離れ、成長痛、外反母趾など。

単純に、痛みやしびれだけでは何の病気が影響しているのか分かりませんが、
足に痛みが出ている場合には整形外科を受診するようにしてください。

もし何らかの腫瘍ができていて、
転移などが原因で足に痛みが出ている場合でも心配することはありません。

整形外科で検査した結果、医師から違う科目を受診するように言われますので
まずは病院を早く受診して検査をするようにしてください。

体に何らかの異常が出ていて、一番いけないのは何の対策も取らずそのまま放置していることです。

中高年以降の方に多く見られるのですが、
「もう年だから体にガタがくるのは仕方ない」と我慢してしまう方が多いのです。

どの病気でも、早期に原因を特定して、
そして治療を始めるとかなり改善する場合がほとんどで完治することも珍しくありません。

病気もケガも、治療が遅くなればなるほど改善するまでに時間がかかります。
その病気自体が進行してしまったり、他の病気も併発してしまうことがよくあるからです。
もちろん再発もしやすくなります。

個人判断は症状を悪化させることもありますから、すぐに整形外科で診察を受けるようにしてくださいね。



Copyright(C) 2011 【足の痛みの原因・病気と治療解消法】 Allrights reserved.