坐骨神経痛





坐骨神経痛も、足の痛みの原因となります。

では、坐骨神経痛には
どのような原因や症状があるのか詳しく見ていきましょう。



坐骨神経痛の原因

◆『腰椎椎間板ヘルニア』
20代から30代の方に見られる疾患です。
定位置にある椎間板が外にはみ出すと坐骨神経痛の症状が出ます。

◆骨盤もしくは脊椎にできた腫瘍

脊椎のガンは転移性のものが多い。
「体を動かしづらい」
「くしゃみが腰・背中に響く」
などの坐骨神経痛の症状が出ます。

◆梨状筋(りじょうきん)症候群

坐骨神経が梨状筋の下を通っている場合神経を締めつけてしまいます。
これが原因で坐骨神経痛が出ます。

ごく稀に坐骨神経が梨状筋の中を通っている場合もあります。

◆腰椎変性すべり症

椎間関節・椎間板が変性することによって前後に腰椎が滑り出してしまう症状。
すべりの範囲が広がれば広がるほど坐骨神経が刺激されて痛みが出ます。

◆腰椎分離すべり症

椎間関節の一部の安定性が何らかの理由でなくなると、神経根が刺激される。
このことにより坐骨神経痛の症状が出ます。

◆腰部脊柱管狭窄症(ようぶ せきちゅうかん きょうさくしょう)

50歳代に多く見られる。
背骨の中央にある「脊柱管(せきちゅうかん)」が狭くなることによって神経が圧迫される。
これにより坐骨神経痛の症状が出ます。


坐骨神経痛の症状

・腰痛
・臀部の痛み
・太腿、足の裏のしびれ・痛み
・椅子に座っていると下肢やおしりに痛みが出る
・痛みが出て歩行困難になる

・痛みで立っていられなくなる
・足に力が入らない
・だるさなど下肢に感覚異常がある
・姿勢によっては、足の痛み・お尻・太腿に痛みが出る
・足裏の皮膚が肥厚したような気がする

・排便もしくは排尿の異常を感じる
・足からお尻にかけて"ひきつれ"を感じる
・足裏がじりじりした感じがする
・前かがみになると楽になるが腰をそらすことは痛くてできない
・靴下やズボンを履いていると痛みがある


坐骨神経痛の症状は坐骨神経が圧迫されている部位によって症状が変わります。
特に激しい運動をしてもいないし安静にしているにも関わらず
「圧迫されたような痛み」・「鋭い痛み」・「放散痛」が見られます。

坐骨神経痛の症状を持っている方は長時間歩くことは避けた方がいいですね。
それが原因で痛みやしびれが出ることがあります。



Copyright(C) 2011 【足の痛みの原因・病気と治療解消法】 Allrights reserved.