足の痛みの症状







足に障害が起きると痛みが生じます。



それぞれの原因や症状

●母指球に出る痛み
母指球とは、親指の付け根部分です。
この部位に出る痛みは、
中足骨の位置と長さの異常・足の指の神経の損傷・血流障害・関節炎が原因です。

※中足骨(ちゅうそくこつ)とは?
足の甲にある長い骨で5個の骨から構成されています。

●足の神経の損傷による痛み(神経腫)
神経を覆っている組織の増殖が第三指と第四指の間に痛みを起こさせます。
◆原因
先が尖った靴など
◆症状
初期には軽い痛みが出るだけですが、
焼けるようなひりひりとした痛みが足の指に起こることもあります。
症状が進むと足の付け根部分に小石が入っているような感覚になったり、
先が尖った靴を履いていなくても焼けるような痛みが足に広がるようになります。

●中足骨痛症
足の甲に位置する「中足骨」は、脂肪によって衝撃を和らげることができているのですが、
加齢と共にクッション代わりになっている脂肪が減ってしまいます。
これにより「中足骨痛症」という症状が出て、中足骨に痛みが出るようになります。

●爪先に起こる関節痛
関節のズレが原因で、親指以外の4本の指に痛みが出るようになります。
これが原因でウオノメを発症し、歩行困難になるくらいの痛みが出るようになります。

●踵骨棘(しょうこつきょく)の痛み
かかとの骨が異常に増殖することで出る症状です。
踵骨棘自体には痛みの症状はありませんが
、かかとの骨周辺に炎症が広がると足底踵痛症候群を発症して足に痛みを感じるようになります。

足は第二の心臓とも呼ばれる大切な部位です。
痛みによっては歩けなくなるケースもよくあり、日常生活に支障が出ますから早期の治療が必要です。



Copyright(C) 2011 【足の痛みの原因・病気と治療解消法】 Allrights reserved.